家と、その他。

夫が家を建てる宣言をしました。3歳の娘と0歳の息子がハッピーに成長できる家を目指します!

家づくりで参考にすれば良かった本 ~幸せになる家づくり「間取り」にこだわれば「いい家」になる

こんにちは!
まーみーです。


今日は、早く読んどけば良かったな~と思った本をご紹介。


『幸せになる家づくり「間取りにこだわれば「いい家」になる 』著者: 上田康允



なんか、早速後悔から始まるんかい!って感じですが(^_^;)


この本は、もう建築が始まってから出会った本ですが、間取りのことも書いてありますが、それ以外にも、家づくりに取り組む前に読むと、心構えができて良かっただろうな~と思います。

特に、「5%をケチった人は不幸になる」というくだりがあって、そうか~と思いました(~_~;)


いやー、私、ネットとかで家づくりで予算の関係であきらめたこととか、そういう体験談を読んでいたせいもあって、費用をできるだけ抑えるように打ち合わせしていたんです。
でも、夫は費用がかかっても満足いくものにしたい。金額が安いものは信用しない、といった感じで、自分の収納スペースに結構金かけてました。

おいおい…と思っていましたが、やっぱり嬉しそうです。

満足のいく家にした方が、より愛着が湧くんだそうです。


ただ、全体的に、見解が片寄っていたり、個人的な意見も多いような気もします。何て言うか、この方は頑固な方なんでしょうか?(失礼 *_*; )



ま、勉強になるな~と思うけど、「不幸」というキーワードがあるので、占いとか信じる人や暗示にかかりやすい人にはおすすめしないかも、ですけどね。