家と、その他。

夫が家を建てる宣言をしました。3歳の娘と0歳の息子がハッピーに成長できる家を目指します!

家づくりで参考になった本~ 近藤典子の片付く寸法図鑑と暮らしを整える 住まい方ハンドブック

こんにちは!
まーみーです。

今日は私が家づくりで参考にした本を紹介します!



「近藤典子の片付く寸法図鑑」と
「暮らしを整える 住まい方ハンドブック」



です。



近藤典子さんのこの2冊の本は、収納や家具、人の動くスペースなどの寸法について、詳しく書かれています。
例えば、掃除機を収納するにはどれくらいのスペースが必要、とか、人が通るのにはギリギリだと○㎝、ゆったりだと○㎝必要、など。そういった寸法について詳しく書かれています。

家づくりする人には、読むと安心かもしれません。
賃貸に住んでいても、ここの収納が、あと◯㎝広ければあれが置けるのに…とかいうことがあるじゃないですか。

建ってからそういう後悔があると残念なので、この本を見ながら、図面を確認するといいかなーと思います!

色んな人が言ってますが、やっぱり、いくら収納があっても、使う場所に収められなければ意味がないわけで(  ̄ー ̄)

そういうシミュレーションって大事だと思います!


ただ、住まい方ハンドブックは、ほんとに2014年出版か!?って思うくらい、中のデザインは教科書みたいです(^_^;)内容はすごく充実してる感じですが。
その1年前に出版された片付く寸法図鑑の方はオシャレ!見てて楽しかったです。