家と、その他。

夫が家を建てる宣言をしました。3歳の娘と0歳の息子がハッピーに成長できる家を目指します!

家づくりで参考になった本4選

こんにちは!
まーみーです。

家が建つまでもう少し時間がありますので、それまでは、私が家づくりで参考になったな~!と思う本や、参考にすれば良かったな~!と思う本をいくつか紹介したいと思います!

というのも、私はいきなり夫から家建てる!と言われました。慌てて図書館で色々と本を借りて読みましたが、あっという間に間取りなどの打ち合わせが進んでいったんです。

正直、もっと勉強していればなぁと思います。
なので、せめてこれからの人に少しでも役に立てたらいいなあという小さな願いをこめて。



では早速。



『美しい住まいづくりのきほん』著者:西山哲郎


美しい住まいづくりのきほん

この本は、タイトルからすると、鑑賞用というか、写真メインっぽい印象を受けましたが、読んでみると、暮らしやすい間取りの工夫など、とても実用的な事もたくさんありました。

前もって知っているのと知らないのとでは違うだろうなということが書いてあって、読んで良かったなと思える本でした( ^∀^)


「近藤典子の片付く寸法図鑑」と
「暮らしを整える 住まい方ハンドブック」
著者:近藤典子


近藤典子の「片づく寸法」図鑑 モノと人のサイズから考える賢い収納術


暮らしを整える 住まい方ハンドブック:2 LDK・洗面所編


近藤典子さんのこの2冊の本は、収納や家具、人の動くスペースなどの寸法について、詳しく書かれています。

家づくりする人には、読むと安心かもしれません。
賃貸に住んでいても、ここの収納が、あと◯㎝広ければあれが置けるのに…とかいうことがあるじゃないですか。

建ってからそういう後悔があると残念なので、この本を見ながら、図面を確認するといいかなーと思います!

色んな人が言ってますが、やっぱり、いくら収納があっても、使う場所に収められなければ意味がないわけで(  ̄ー ̄)

そういうシミュレーションって大事だと思います!



『最高にハッピーな間取り』著者:タブチキヨシ



早く家に帰りたくなる!最高にハッピーな間取り



家の間取りに関することが色々と書いてありますが、タイトルに『ハッピー』とついているだけあって、読んでいてすごく楽しいんですし、こんな家に住んだらハッピーな気分になりそうだなと思います。


考え抜かれた動線もさることながら、ルン♪ってなるポイントとか、ワクワクキャー★ってなるポイントがあるのがいいなぁと(そういう言い方をされてるんです☆)

ちなみに、この本の著者タブチキヨシさんを初めて知ったのはInstagramです。

家事動線が考えられた素敵な間取りや、オシャレな部屋の写真がインスタでたくさん見られます(*´-`)
インスタだと、本よりも更にタブチ節全開で、見ていて元気をもらえます!



家づくりの本は、とてもたくさんあって、もっともっと参考になるものもあるかと思いますが、今回は、私が読んだ中で読んで良かった~と思ったものを挙げさせてもらいました。

これから家づくりする人には、自分に合った本に出会えますように☆ミ